京大MBA式!ブログ

経営学で、人生を攻略しよう。

宝クジで1億円を当てるコツ

こんにちは。

京都大学経営管理大学院生のヒカリです。

 

f:id:sanohikari:20171231044053j:image

 

昨日、僕が初めて書いた記事である

なぜチャラ男はモテるのか - 京大MBA式!ブログ

のアクセス数が2000回を超えました。

 

f:id:sanohikari:20171231081031j:image

 

その時、僕が感じたのは驚きでも感謝でもなく

 

 f:id:sanohikari:20171231095416p:image

 

という思いでした。

何が凄いかわからないけど、なんか僕って凄い。

心からそう思いました。

 

そんなわけで僕は、

仕事を放棄してゴロゴロすることに決め、

経営戦略全史」という本を読んでいました。

 

すると文中に

人生や事業が失敗する要因について

述べられてる章がありました。

 

一夜にしてアクセス数2000回を獲得してしまう僕は

人生の失敗などとは無縁ですが、

一応目を通しておきました。

そこには、こう書かれていました。

 

 「偶然の科学」の著者である

社会学者ダンカン・ワッツ氏によれば、

人生や事業が大失敗する要因は以下の3つである。

 

1.過去と現在を必然と思いたがる

 

2.結果に目がくらむ

 

3.自分に甘い

 

f:id:sanohikari:20171231064439p:image

 

 f:id:sanohikari:20171231064449j:image

 

必然の結果と思えることの多くが

実際には偶然に過ぎないというのが、

ダンカン・ワッツさんの主張です。

 

f:id:sanohikari:20171231110916j:image

 

僕の場合、偶然少しアクセス数が伸びただけなのに、

自分の実力だと勘違いしてしまったようです。

 

これは僕に限った話ではなく、

人間には未来に関しては

未来の可能性は未知」だと思うのに、

過去や現在に関しては

結果には必ず理由がある」と

思ってしまう習性があるそうです。

 

以前、NHKの「ねほりんぱほりん」という番組で

匿名の宝クジ1億円当選者に対し

インタビューをおこなっているのを

見たことがあります。

 

f:id:sanohikari:20171231122647j:image

 

その1億円当選した方は、番組で

宝クジに当たるコツを紹介していました。

 

そのコツとは、

 

1.

「家の近所にゴミが落ちてたりとか、

落ち葉が散らかってたりした時に、

ま、拾ったりとか、あるいは、

倒れた自転車をちょっとこうね、普通に…」

 

2.

「あとはご老人の方が道を聞かれる時とかも

あるんですけれども、親切にわかりやすく、

道案内をして差し上げるですとか…」

 

3.

「やっぱり、メンタルも強くなった方がいいと

思いまして…あのう、筋力…

筋力トレーニングの方ですよね。」

 

4.

「どうせ買うんでしたら、天体ショーというか

もう本当にミステリアスな時に買えば、

より良い結果が得られるのではないかなと…」

 

5.

「オリンピックをテレビで拝見してて、

メダリストの方ですとか、みなさん、

がんばってられるんで、そういうふうな姿を見て

胸に刻んで、また新たな誓いというか…」

 

いや、なんというか、

 

f:id:sanohikari:20171231174224j:image

 

まぁでも、1億円当たったら

必然でも偶然でも大成功ですよね。