京大MBA式!ブログ

経営学で、人生を攻略しよう。

アイドルと付き合える確率

こんにちは。

京都大学経営管理大学院生のヒカリです。

 

f:id:sanohikari:20180107145458j:image

 

突然ですが、フェルミ推定という

言葉をご存知でしょうか。

 

フェルミ推定とは、

正確に特定できない数や、調査が難しい数などを

いくつかの手掛かりを元に論理的に推論し、

短時間で概算することを指します。

 

「東京都の野良猫の数」

「アイドルと付き合える確率」などのように、

正確な答えを出すことができない時に

役立つのがフェルミ推定です。

 

実際に、フェルミ推定を使って

アイドルと付き合える確率を試算した

統計学者の鳥越規央さんという方がいます。

 

f:id:sanohikari:20180108033642j:image

 

鳥越規央さんのおこなったフェルミ推定の

計算過程と結果は以下の通りです。

(R25「アイドルと付き合える確率」より一部抜粋)

 

 まず、日本のアイドルの

数を調べる必要があります。

世界最大のアイドルイベント

『Tokyo Idol Festival』に参加しているアイドルは

2015年のデータだと154組1140人。

これに参加していないメジャーアイドルや、

アキバアイドルフェスティバルに

参加しているライブアイドル185組、

さらにローカルアイドル約600組を加算すると、

人数にして6993人と推定されます。

 

恋愛対象としては18歳以上と仮定しましょう。

18歳以上の比率は、

AKB48グループの年齢構成から推計すると55.2%。

6993人のうち3860人が恋愛対象とすると、

これは18~30歳の人口871万3580人に対し

0.0443%となります。

 

アイドル自身の恋愛スタンスも考慮しましょう。

2016年元日にフジテレビで放送された

『アイドルサミット』という番組では、

『アイドルだって恋愛しても良い』と

考えているアイドルは55.7%でした。

これを踏まえると0.0443%×55.7%=0.0247%。

アイドルと付き合える確率は、4049分の1です。

 

ちなみに4049分の1といえば、

高校球児が甲子園で優勝できる確率とほぼ同じです。

 

小学生の頃から万年補欠だった

僕にとっては絶望的な確率です。

 

f:id:sanohikari:20180108105551p:image

 

一方で、甲子園で優勝したうえに

アイドルと結婚した奇跡のような人も

この世には実在します。

 

 f:id:sanohikari:20180108040212j:image

 

f:id:sanohikari:20180108105638j:image