京大MBA式!ブログ

経営学で、人生を攻略しよう。

土の料理を1万円払って食べてみた

こんにちは。

京都大学経営管理大学院生のヒカリです。

 

f:id:sanohikari:20180123144704j:image

 

僕たちって気付けばいつも何かと

競争してるなって思いませんか。

 

小学生の時はかけっこで競争して、

高校生になると受験で競争して、

社会人になると同期や同業他社とまた競争…。

 

経営の世界も同じで、血みどろの価格競争が

企業間でおこなわれています。

 

そんな競争をするより誰も競争者がいない

新しい居場所を自分で作った方がいい

という考え方を示してくれたのが

W・チャン・キムさんとレネ・モボルニュさん考案の

ブルーオーシャン戦略」です。

 

 f:id:sanohikari:20180123175717j:image

 

W・チャン・キムさんとレネ・モボルニュさんは

血みどろの価格競争がおこなわれている市場

レッドオーシャンと名づけ、

競争者のいない新たな市場

ブルー・オーシャンと名づけました。

 

そんなブルーオーシャンのど真ん中を

プカプカと浮かんでいる

フレンチレストランがあります。

 

 f:id:sanohikari:20180123154118j:image

 

それが五反田のフレンチレストラン、ヌキテパです。

 

五反田のヌキテパと言われて

ちょっとエッチな気分になりましたが、

とても品のあるレストランでした。

下品なのは僕だけでした。

 

このフレンチレストランの何が

ブルーオーシャン戦略なのかと言うと、

土のコース料理を提供している

日本唯一のお店なのです。

 

幼稚園でたまに土とかアリとか

食べてる友達はいましたが、

良い大人が豪華なレストランで

土を食べている姿は想像できません。

 

早速入店し、土料理のコースを注文しました。

料金は1万円とのことでした。

ドリンク代やサービス料は別料金です。

 

まず、初めに出てきたのがモナカです。

中には柚子とチーズが入っていて

土は入っていませんでした。

 

f:id:sanohikari:20180123155404j:image

 

次にイワシのソテー。

これも特に土は入っておらず

美味しくいただきました。

 

f:id:sanohikari:20180123164827j:image

 

次に大ハマグリの網焼き。

ひょっとして砂抜きしてないパターンの

土料理なのかな、と期待しましたが

ちゃんと砂抜きしてありました。

 

f:id:sanohikari:20180123164900j:image

 

ここまで新鮮な魚介類を堪能し、

どれも最高の逸品なのですが、

僕が求めているのは土です。

 

わけがわからないのですが、

僕はもう「土を食べたい。」と

思ってしまっているのです。

 

f:id:sanohikari:20180123175302j:image

 

いい大人が「土を食べたい。」と

思ってしまっているのです。

 

f:id:sanohikari:20180123175342j:image

 

 そんな僕の表情を察してか、

ウェイターの方がついに運んできてくれました。

 

土とジャガイモです。

 

f:id:sanohikari:20180123170007j:image

 

土と、ジャガイモ。

ただの北海道です。

 

さっきまであんなに土を求めていたのに

いざ土が目の前に来たら

恐れている自分がいました。

 

僕が不安そうな顔をしていると、

ウェイターの方が土の説明をしてくれました。

 

ウェイター

「こちら、栃木県鹿沼市の黒土を使用しています。

安全性に配慮しており、

5メートルほどの深さから掘り出しています。

信頼できる土業者から仕入れているので

安全性には問題ありません。お召し上がり下さい。」

 

1センチほどの深さから掘り出した土を

食べていた幼稚園の頃の友達が心配になりました。

 

 何はともあれ、どんな味か気になるので

早速食べてみました。

 

f:id:sanohikari:20180123171928p:image

 

驚くべきことに、土は無味でした。

 

ウェイターの方の話によると、 

土はオーブンで殺菌した後、

何度も水で洗って砂が混ざらないよう

裏ごしを重ねているため味はしないそうです。

 

そして次に出てきたのが土のスープです。

 

f:id:sanohikari:20180123172451j:image

 

飲んでみると、わりと泥水でした。

 

多分これはブラックコーヒーも飲めない

未熟な僕には泥水に感じるけど、

渋い大人だけがわかるやつなんだと思います。

 

そしてデザートは土グラタン。

 

f:id:sanohikari:20180123173104j:image

 

もうこの頃になると土を食べるのが

自然なことのように思えていました。

とっても美味しかったです。

 

料理について総じて言えることは、

どれもとてもレベルが高いということ。

 

話を聞くとシェフはなんと、

現代の名工に選ばれる凄腕シェフでした。

 

結論

 

f:id:sanohikari:20180123173945p:image

 

最後にレッドオーシャンとブルーオーシャンの

違いをまとめておきます。

 

f:id:sanohikari:20180123183416p:image