京大MBA式!ブログ

経営学で、人生を攻略しよう。

競馬にバイト代を全額ぶち込んだ結果

こんにちは。

京都大学経営管理大学院生のヒカリです。

 

f:id:sanohikari:20180204085441j:image

 

突然ですが、大学院卒業前にどうしても

マカオ旅行に行きたかったので、

文化祭で稼いだバイト代3万円を、

全額競馬にぶち込んでみました。

 

f:id:sanohikari:20180204171605p:image

 

まず、競馬の払い戻し率は以下の通りです。

 

f:id:sanohikari:20180204131244j:image

 

投資額の20%〜30%手数料として

JRAと国庫に納められます。

 

競馬は集めたお金の一部を胴元が先に抜き取り、

残ったお金を投資者間で取り合うシステムです。

 

つまり長期的にやればやるほど

損をする確率が高まります。

 

ただし、払い戻し率を高めていくことは可能です。

競馬で最も払い戻し率が高いのは、

単勝」と「複勝」です。

 

単勝とは、1着になる馬を予想する賭け方です。

 

複勝とは、3着以内に入る馬を予想する賭け方です。

 

これらの賭け方に徹することで、

払い戻し率を80%に高めることができます。 

 

そんなわけで2月4日に京都競馬場に行き、

第9レースから第11レースにかけて、

合計3万円分の複勝馬券を購入しました。

 

 f:id:sanohikari:20180204174814p:image

 

f:id:sanohikari:20180204190851j:image

 

3レース分買いました。

全部当たれば約10万円になる計算です。

逆に言えば海外旅行に行くためには、

全レース当てないといけません。

 

そして第1回目の結果は…

 

f:id:sanohikari:20180204180934p:image

 

京都第9レース、

ダイメイフジの複勝が

見事に当選しました。 

 

1万円が1万4000円になりました。

 

複勝なので、オッズは1.4倍と低めです。

しかしあと2回当たれば夢の海外旅行です。

小さなことからコツコツと、

西川きよし師匠もそう言ってます。

 

そして第2回目の結果は…

 

f:id:sanohikari:20180204181744p:image

 

f:id:sanohikari:20180204181748p:image

 

京都第10レース、

カネトシビバーチェの複勝が

見事に当選しました。 

 

1万円が1万5000円になりました。

 

今回も複勝なので、オッズは1.5倍と低めです。

しかし2連勝です。

 

次のレースでニホンピロタイドという馬が

3着以内に入れば複勝でも6倍になるため、

夢のマカオ旅行に手が届きます。

 

はやる心を抑え、その時を待ちました。

そして最後のレースの結果は…

 

 

 

f:id:sanohikari:20180205142604p:image

 

f:id:sanohikari:20180204183935p:image

 

最終的に3万円投資して、2万9000円返ってきました。

 

f:id:sanohikari:20180204184059j:image

 

やはり世の中は甘くありません。

 

ちなみに人は損するとわかっていながら

なぜギャンブルをやってしまうのか、

という問いについて、

カジノ経営学を研究されている

中條辰哉さんはこう答えています。

 

f:id:sanohikari:20180204193720j:image

 

プレーヤーの頭の中では何らかの理由で

「勝ってお金が儲かる」という期待が

「負けて賭け金を失う」というリスクを

凌駕するため。例えばプレーヤーは、

「今日はツクはずだ」「ゲームの流れが読める」

などと思い、ギャンブルに興じる。

ギャンブルとは突き詰めていくと

「期待とリスク」を楽しむ商品なのである。

 

ぐうの音も出ません。

大人しく乗馬して帰りました。

 

f:id:sanohikari:20180204192831p:image